当院の歯周病予防について

歯のクリーニング、歯石除去、ブラッシング指導はお口の中をいつまでも美しく保つためにとても大切な事だと考えます。お口の中には、様々なばい菌が生息し、汚れがたまるといろんな悪さを働きます。歯茎から血が出る、口が臭い、ねばねばするなどの症状が 少しでもあったら、素早い対応が必要です。
そのまま放置すると、歯を支える周りの骨がばい菌の出す毒素で溶けていってしまいます。すると歯も支えを失い、やがて抜け落ちることに・・・。
溶けてしまっても、お口をきれいに管理していれば、また顎の骨を再生することも可能です。
GTR(組織再生誘導法)、GBR(骨再生誘導療法)などの特殊な小手術という手段があります。
 
shishu_00当院では、歯周病のプロの歯科衛生士が、懇切丁寧に、予防の第一歩であるブラッシング指導を行います。そして、PMTC(プロフェッショナル メカニカル  トゥース クリーニング)を行って行きます。
 
歯茎の上の歯石と歯茎の下の歯石とでは、除去の仕方が違います。歯茎を傷つけないように、痛くないように、 丁寧に優しく器具を使用して行うのがポイントです。歯石を除去したら、きれいに研磨することも、重要です。
 
また仕上げに、高濃度のアパタイトをよく歯に塗り込みます。そうすることで歯に再石灰化がおこり、表面がつるつるになりコーヒーや紅茶、タバコなどによる着色がしにくくなります。また、プラークや歯石が付くのを防ぎます。

PMTC(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)とは

flash_image1歯科医院の専門的な器具と薬剤を用いて バイオフィルムを除去と再形成を抑制する働きがあり、虫歯や歯周病を予防することが出来ます。
 
また、茶渋やタバコのヤニなどによる着色が取れる事で、歯本来の美しい色に戻す事ができます。
 
歯磨きでは取れないプラーク(歯垢)を、スケーラーという器具を使って除去します。
 

PMTCの流れ

 

1.口の中の状態チェック
歯の表面の染め出しを行い、磨き残しやバイオフィルムの付着状態などをチェックします。
きれいにブラッシングしているつもりでも、バイオフィルムは付着しているのです。
2.歯石除去
歯や歯根の表面などに付着している歯石を除去します。
3.洗浄
口腔内の状態によっては、歯周ポケット(歯と歯肉の間)内のバイオフィルムを取り除きます。
4.清掃
専用の器具を使って歯の表面、歯周ポケット、歯間部、咬合面などをきれいにします。
5.高濃度アパタイトの塗布
高濃度のアパタイト、リナメルを塗布して、歯質の再石灰化を促して、歯を強化します。

ラックル歯磨き

linamerutorito_01※ リナメルとは
 
リナメルは、歯の表面にあるエナメル質をナノ粒子ハイドロキシアパタイトでケアするPMTCの仕上げ用ペーストです。
 
リナメルで仕上げを行えば、従来のペーストよりも歯の光沢感がアップ!
 
歯面のなめらかさも回復して、 プラークや色素沈着からしっかり歯をガードしてくれます。


nanodental• エナメル層がなめらかに!
従来のペーストと比較すると、光沢となめらかさがまったく違います。
 
• 伸びがいい!
歯肉縁下2mmほどまでペーストを伸ばすことができる伸びのよさを持っています。
 
• 歯面のキズが目立たない!
歯面の細かなキズがほとんど見えなくなるほど目立たなくすることができます。
 
• オススメ洗口液
海水とオゾンだけで出来ている、自然のうがい薬。


ブラッシング指導(TBI)

TBI (Teeth Blushing Instruction)とは歯科医師や歯科衛生士による、正しいブラッシング指導のことです。
「毎日ブラッシングをしているのに、虫歯になってしまう……」という方も多いでしょう。そのような方は、正しくブラッシングができていない可能性が高いの です。そのため、自分に合ったブラッシングテクニックを身に付けなければなりません。正しいブラッシング法を身に付けてお口の健康を保ちましょう。
来院された当初、歯垢(プラーク)の染め出しチェックを行ったところ、歯みがきで磨けていない箇所がたくさんありましたが、ブラッシング指導の結果、ご自分でもこんなにきれいに磨けるようになりました!
良い治療には、患者さんご自身のご協力も大切です!

shishu_001

歯肉マッサージ

000032-main歯肉マッサージ、ぜひ一度ご体感ください。
 
やわらかいタッチとやさしい香り・・・
ウトウトしてしまうほどの心地よさを感じていただけます。
 
• 歯ぐきにはたくさんの血管が走っています。マッサージをすることで血行がよくなり、肩をもんでもらったときに力が抜ける感覚のように、心地よさを味わっていただけます。
 
• 機械は使いません。指のみで行なうので、身も心もリラックスしていただけます。
 
• プラセンタ入りの爽やかなジェルを使い歯肉をマッサージすることにより、唾液の分泌も良くなり、より自浄作用が働きます。また歯肉の血流改善、歯周病予防、自律神経を整える作用もあり、とてもすっきりすると好評です。
 
 

世界初!活性乳酸と活性麹を配合した「ラックルハミガキ」

lakleこれまでの市販の歯みがき粉の多くには、細胞を傷つける心配のある刺激性の強い石油系合成界面活性剤(ラウリル硫酸ナトリウム)などが使用されていました。
 
歯や歯ぐき、口腔内の健康を守るため、歯科医院との共同開発で不要な添加物や保存料を排し、ラックル成分を生かした新しいハミガキを作り上げました。
口腔内環境を整えるために、ぜひお試しください。
 
>>詳しくはこちら

エムドゲイン®について

歯周病とは

歯の病気の代表的なものに、むし歯(う蝕)と歯周病があります。むし歯は”歯そのもの”が破壊される病気ですが、歯周病は”歯を支えるまわりの組織(歯周組織)”に起こる病気です。
自分で気がつかない軽い歯周病を含めると、40歳以上の成人のうち、5人に4人以上が歯周病にかかっているといわれ、歯周病は歯を失う最も大きな原因となっています。

歯周病の原因

genin歯周組織は歯肉(歯ぐき)と歯槽骨(歯を支える骨組織)、歯根(歯の根元)をおおうセメント質、歯根と歯槽骨をつなぐ歯根膜からなり、歯を正しい位置にしっかり付着・固定するための強固な構造を備えています。
 
しかし、歯磨きが不十分で、歯と歯肉の間に細菌が住み着いて歯垢(プラーク)がたまると、そこに炎症が引き起こされます。
 
これが歯周病の始まりです。
 

歯周病が進行すると…

seijo初めは自覚症状がなく、鏡で見ても気がつきませんが、そのうち歯肉が赤くなったり腫れたりします。
 
プラークが石灰化し歯石になると、自分では取り除きにくくなって歯周病が悪化し、歯と歯肉が付着している部分にすき間(歯周ポケット)ができます。
 
さらに炎症が歯肉の内部に進行すると、歯根膜や歯槽骨が破壊されて、歯を固定する力がだんだん弱くなります。この状態のまま放っておくと、ついには歯を失うことになります。

 

歯周病の治療法

比較的軽い歯周病であれば、歯や歯の周りを清潔に保つ治療を続けることで治すことができます。しかし、炎症が歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊がひどい場合には、歯周組織を回復させるための手術(歯周外科手術)が必要となります。この手術の際に、歯周組織再生用材料という手術治療を補助するための、歯科用の材料が使われることがあります。

エムドゲイン®ゲルとは

エムドゲイン®ゲルは、スウェーデンのビオラ社で開発された新しいブタ歯胚組織使用歯周組織再生用材料です。エムドゲイン®ゲルの主成分(エナメルマトリックスデリバティブ)は、子供の頃、歯が生えてくる時に重要な働きをするたん白質の一種です。現在の科学水準に基づく高い安全性確保の下、幼若ブタの歯胚から抽出精製したもので、2009年3月現在、世界44ヵ国で使用されています。
 

エムドゲイン®ゲルを使った治療法について

shishubyo-1手術の前に
歯周組織の状態を調べるために、歯周ポケットの深さを計ったり、レントゲンを撮ったり、その他治療に必要な検査を行います。

エムドゲイン®ゲルを使った治療が行えるかどうかは、歯周病の程度や患者さんの健康状態によっても異なりますので、担当医とよく相談してください。
 
歯周外科手術

手術は麻酔をかけて行います。まず最初に治療する部分の歯肉を切開し、剥離します。次に歯根表面の清掃を行い、エムドゲイン®ゲルを塗布します。最後に切開した歯肉部分を縫合し、手術は終了です。手術にかかる時間は約1時間前後で、手術後、しばらく休んでいただいた後は帰宅できます。抜糸は手術日から2~6週間後に行います。

shishubyo

定期的な受診について

gel機能的な歯周組織を取り戻すまでには、数ヵ月から1年程度かかります。
歯周組織が再生する期間、および程度は個人差があり、歯周病の進行具合によっても異なります。
 
術後のスケジュールの詳細も患者さんによって異なりますので、担当医の指示に従い、必ず定期的な検査を受けるようにして下さい。治療が終了した後も、口の中の衛生状態を担当医に定期的に検査してもらうことをおすすめします。
 
歯周病を再発させないためには、歯や歯の周りをいつも清潔に保つことが大切です。
担当医と相談しながら、いつまでも自分の歯を大切にして下さい。

※注意:エムドゲイン®ゲルの塗布により、100%正常な歯周組織の再生が期待できるものではありません。再生の程度・期間等に関しましては担当医にお尋ね下さい。